旅してきました。

 

Hitomiが1泊2日でやって来ました。
我が家来るなりシャワーしてリラックス体勢なってるし・・・(笑)
今回のふたりは・・・思い出を詰める時間。 (*^^*)♪



なんのこっちゃ・・? でしょ (*^^*)。
何回か書いたかもしれませんが わたしと彼女は高校の3年間17冊の交換日記を交わして
その17冊をそのまんまずっと眠らせたまま・・引越しのたび持ち歩き・・35年弱の時間。
最近は 娘たちもその当時の私たちの年齢をとーに越え
「これは代々受け継いで家宝にしようか?」とまで言われる始末・・・
あかん・・絶対にあかん・・・どうにかせねば・・・(笑)
持ち歩いていたものの・・じっくり読み返すこともなく
思い出いっぱいのノートをひとりで処分できるわけもなく・・・
卒業から数えて・・34年後? ようやく・・・ふたりで読み返す時間を持ちました。




1冊目は高校1年生の5月6日。
ほんと・・彼女と出会ってすぐからふたりの交換日記始まっています。
でも・・顔から火が出るほど・・恥ずかしい・・・(#x_x)・・・汗がでてきそうなほどの幼さ。
ふたりだからこそ・・二人の違いも出ていて
自分がよけいに恥ずかしい・・・(^^;)
こころのまま・・まっすぐに・・・ストレートに ノートに色々記してあります。
きっと今なら消化できる思いさえも言葉に表してそのまんま・・・・。
学校のこと。クラブのこと。友達のこと。そして・・わたしたちが恋に恋してた時代・・・
まるで小説や漫画を読むごとく・・・
会話方式で書かれている文面には・・そうやったんやぁ・・・って今さらながらあの日に帰って。
些細なすれ違いで成就しなかった恋や
好きでもないのに告白されて付き合って・・悩んでいたり・・・
今なら・・・今なら・・・(笑)
って思う場面もいっぱいで。
でも・・・あの日々のワタシタチは・・・いっぱいいっぱい生きておりました・・・(笑)

まぁ・・こうも授業中にサボって日記書くか?とあきれもしましたが・・・(*^^*)・・・・。
あの日から いくつの分岐点を通過して
わたし達はここにいるのでしょう・・とも思える時間でした。
あの日があっての今・・・。
大事な大事なあの日をしっかり目にして・・心に刻みました。

そして・・・
日記にも何気に「わたし達が結婚したらふたりでこの日記を燃やして第二の人生歩こうね・・」と書いてもありました。
まさか・・・
50を越えたオバサンになった今・・あの日の日記を読んでいるとは
少女だったわたし達は「やめて~~♪」と思っていることでしょう・・・(*^^*)
今の時代・・燃やすことは出来ないので
焼却ゴミで出すことにしました。
シュレッダーではなく・・・一冊一冊・・私たちの手で・・・あの日を大事にきざんで・・・。

スーパーのゴミ袋じゃ・・ちょっと淋しいので・・
エルメスの紙袋に入れて・・・(笑) エルメスのリボンをかけて・・・・
わたし達の思い出を詰め込んで・・・ありがとう・・と・・さよならを。

「ママ・・エルメスの袋やから余計に見られるかも・・・」
いやいや・・
これを・・何重にも新聞紙で包んで・・わからないように・・・焼却ゴミへ・・・・(*^^*)



1泊2日。
ずっと一緒にいたのに・・ごはんを食べに少し家を出たほど・・・
朝ごはんを作っただけの・・・
あとは・・・
ずっと我が家にてあの日へ旅してきたふたりでした・・・・。

夜中までしゃべっていたり・・・
同じ体勢で読み続ける疲れもあるけれど
二人の手で
あの日にきちんとピリオドを打てたことが
とても気持ちよくて・・・
なんだか・・すがすがしい・・・旅の終わりです・・・。


おつかれ・・。
Hitomi。

ただただ・・ありがとう・・・・。
出会ってくれて
一緒してくれてありがとっ。








18:57 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
アプリコットジャム | top | 空の交換

comments

# No title


>Hitomi



大きなお仕事一緒にやり終えた気分・・おつかれ~♪

おぼろげだった記憶があんなにも事細かく残してあったとは・・・(笑)

あの時・・あっちの道を行ってれば・・・(笑)

いやいや・・・ふたりともいろいろあったけれど・・・(笑)

こうして今の時間があるのはあの日のスタートがあったからこそ・・・。

きっと本当の「友達」のスタートもHitomiだったんじゃないかと思うよ。

一緒したりぶつかったりしてふたりで築き上げた関係が

友達にしていってくれたんだと・・思う。

あのずっと一緒だった3年間から離れ離れになって・・

わたしだけ大阪離れても ずっと手を繋いで

一緒の時間を持ち続けてくれたHitomiとみんながいてくれたからこそと・・

感謝やよ・・・。

その中で引き合えるのがHitomiだったと思う。

今度はまた みんなで一緒にお泊りもしよかぁ・・・。

こっちこそ・・さんきゅ。



迎えにいかなくてもやってこれそうなので・・いつでもお越しを・・・(笑)

ただし・・30分ほどの猶予を~(*^^*)ノ













Tammyさん | 2010/07/09 18:07 | URL [編集] | page top↑
# No title
おつかれ~(*^^*)

そして、ありがとう♪

タイムスリップして、あの頃に戻った2日間

何時間も、小説を読むように夢中になって・・・

おなかが痛くなるくらい笑って・・・

あまりにも幼い事が恥ずかしくて赤面して・・・

そうやったんやなぁ~と古い記憶の中に消えていた思い出を思い起こしながら過ごした時間

楽しかったね

全部、読み返してピリオド・・・

大事にピリオドをうてたこと・・・感謝してる



でも

ちっとも成長してなかったと思っていた3年間も

あんな風に読み返すと、ちゃんと成長してたことや

意見が食い違った時も、ちゃんと言いたいことを言い合っていたことが分かって うれしかった(*^^*)

性格の違いや考え方の違いやくせは

あの頃と変わりないけど(^^;)

それは、お互いの個性なんだと思えるようになったよ



過ごしてきた時間より、残りの時間のほうが少なくなってきたけど、これからも変わっていけるよう

お互いにツンツンし合おうねv(*'-^*)-☆



初めての出会いから、すぐに「始まり」があったのは

やっぱり、引き合う何かがあったんやね

そして、ずっと繋がっているのは

やっぱり出会うべきして出会ったんやなぁ~と思う

その・・・Tammyとのご縁にホンマ!感謝です(◎^^◎)

ホンマ!ありがとう♪
Hitomiさん | 2010/07/07 20:05 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cafeteriacocoroiro.blog.fc2.com/tb.php/85-4f54c0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)