スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

家ワイン 1



わたしの中で
ワインと言えば
「レストランでいただくもの」「特別な日」
そんな肩書きをつけたくなるような
少しだけヒールを履くような気分のもの。

そんな時
「家ワイン」という名前のワインに出会いました。

家ワイン??

ワインをもっと気軽に家飲みライフに取り入れる
そんなコンセプトで
プロがセレクトしてくださって
毎月2本(赤,白)を自宅まで届けてくださるサービスです・・
そのワインを今回お試しさせていただく事になりました。
mpiw7.jpg
梱包も外観はとてもおしゃれ・・
中は頑丈に頑丈にしっかりしているので瓶でも不安なく受け取る事が出来ました。


毎月赤白の2本 今月はこの2本です。
ワインを選んで下さるのは
パリ発アジア随一のワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」のスタッフさん
毎月2本ずつ、自宅に届けられます。

定期購入はこちら
1502iw.jpg
赤ワインはポルトガルのドウロ地域のProeza
白ワインは南フランスのブーケ・ド・ノ・ヴィーニュ・ブラン

どちらから飲もう?
そんな楽しみも頂いて・・(*^^*)
まずは
赤ワインからいただきましょう・・

15-2iw2.jpg
裏面にはお料理レシピや今月のワインのティスティングガイドが付いています。

実は 
わたしは赤ワインは好んで飲む方ではなく
お料理に関係なく 白ワインの方が好きで
赤ワインを遠ざけていました。
渋み・・が苦手なのかなぁ。

なのでちょっとドキドキなテイスティングです・・
mpiw1.jpg
1501iw4_Fotor.jpg
一口・・

(*^^*)・・

今まで赤ワインを遠ざけていた理由は
わたしが美味しい赤ワインに出会ってなかった・・
そう確信した一瞬でした。

こんなに美味しいと思った赤ワインは初めて!

もちろんほのかな赤ワイン特有の渋みはあるものの
全く気にならない。
甘みはまろやかに熟された香りと一緒に
口に含んだ瞬間
柔らかに喉を通っていく

赤ワインって美味しい・・✨
そう思わせてくれた
ポルトガルのProeza
ちなみにProezaとは「実現する」という意味があるのだとか

苦手がひとつ消えていった瞬間。

お料理は 特別仕様ではなく
家スタイル(ウチスタイル)で・・

お肉が必要かなぁ。と
ローストビーフを
すこしだけ和風に仕上げてみました。
お葱散らしてお醤油ベースのタマネギ入れて甘めのドレッシング。
mpiw4.jpg


miw3_Fotor.jpg
m1w5_Fotor.jpg
iw32.jpg
mpiw31.jpg

ワインって
あたりまえだけど
入り口は
ワインを選ぶことから始まる

ワイン売り場行ったり来たり・・
手に取ってラベル眺めてもそんなに詳しくもなく・・
辛口甘口・・そんな低レベルなことが判断になったり・・
どうしても似たようなワインを選んでいたり
どうしても
日本酒やビールのように
気軽に手を伸ばせない。

それを
プロが選んでくださったワインが届いて
そのワインを詳細に説明くださっている。
合うお料理をピックアップしてくださっていたり
ワインにまつわるいろんな事を
教えてくださっている。

これ・・って
家に居て出来る
「ワイン教室」かもしれない・・(*^^*)

もっともっとワインを知りたい・・
美味しい赤ワインを飲みたい・・
そう思わせてくれた
家ワイン 1月のセレクト
ポルトガルのProezaでした。


家ワイン様
赤ワインの美味しさを
教えてくださってありがとうございます(*^^*)

白ワインは次回につづく・・🍷


家ワインファンサイト参加中




18:29 | +モニター | comments (0) | edit | page top↑
きょうの朝ごはん フルーツグラノーラ | top | 立春大吉

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。