帰れる場所・・・




明け方 夢を見た

娘が毛布にくるまって泣いている
何かに耐えるように泣いている
その部屋の隅っこで
小さな孫っちも小さくなっていた

しばらく眠れなかった・・


さっそくにメールする


Screenshot_2013-10-09-17-10-56.png



予想通りの答えが返ってきた・・(笑)



二組の娘夫婦 

おとなしく耐える娘たちではないのは重々承知(笑)

耐えているのは お婿クンのほうだと思うほど
娘たちにはもったいない
彼らたち・・

そのままそのまま
そこで
幸せ あれ・・



万が一
何かがあったとて

もう大人になった娘たちを
幸せにできるのは 親じゃない

けど

帰ってくる場所は 
永遠に
ここにあるよ・・(*^_^*)♪





ほんとに帰ってこられたら
狭くなるけど(笑)
うるさくなるけど(笑)


しゃ~ない(笑)

どうしてものときは
帰ってきなさい・・(o^^o)ふふっ♪

娘たちよ





17:13 | +かぞくのこと | comments (6) | edit | page top↑
今日の朝ごはん | top | 今日の朝ごはん

comments

# 泣けちゃう・・・(T_T)
Tammyさま、こんばんは。
それはちょっと心配な夢でしたね~。
気になっちゃいますよね・・。

お嬢さん二人は、どんなにか心強いかと思います。
ありがたいと感謝してると思います。

私は結婚する前に母を亡くして、
結婚する時は、兄嫁に「帰る場所は無いよ!」って言われました。
「しっかりしなさい」って気持ちで送りだしてくれたんだと思います。
だからこそ、故郷を遠く離れて、核家族で頑張れたのかなぁとも・・・。
いろんなエールがあるのですね。

いつも想ってくれてる人がいるって、ホントに嬉しいことです♪
mittoさん | 2013/10/10 22:15 | URL [編集] | page top↑
# No title
深い愛情を感じました。
自分の親のことを思い出し、目頭が熱くなりました。
二人のお譲さんは、お母様の深い愛に支えられ、幸せですね。
私も頑張らねば・・・元気をいただきました。
お体ご自愛くださいませ。
AEOLUSさん | 2013/10/13 17:19 | URL [編集] | page top↑
# No title

>mittoさん

お返事遅くなってごめんなさい。

ありがとう・・・i-80
そうなんです(*^_^*)
起きたら気になって(笑)
冷静に考えても大丈夫♪って思うのにね
まぁ・・
メールしとこか みたいなノリで(笑)

mittoさんはそうだったんですね
義姉さんの一言は
きっとギリギリな場面で
mittoさんに最後の頑張りを与えてくれる言葉でも
あったのかもしれないね
ほんといろんな思いあって
人が人を思うって
温かいね・・

実際帰ってこられたら
毎日ちびさん達走り回って
たぶん・・
寝込むんじゃないかな(笑)

あははは・・(*^_^*)

それでも
家族の帰る場所
それを作るのが親の役目かもね・・


Tammy *さん | 2013/10/15 17:10 | URL [編集] | page top↑
# No title

>AEOLUSさん

お返事遅くなりました。

ありがとうございます・・(*^_^*)

自分の好きな人と
自分のしたいように
健康で
日々過ごしているなら
親としてこれ以上望むものはなく

もう親元が幸せな場所でもないものね

でも
疲れたら 帰っておいでi-80
って・・・(笑)

きっと口に出そうが出さまいが
親はみんな一緒だと思います

無理なく 頑張ってくださいね(*^_^*)

きっとAEOLUSさんのご両親も同じ思いだと・

ありがとうございます♪

Tammy *さん | 2013/10/15 17:14 | URL [編集] | page top↑
# No title
この記事を読ませてもらってドキっとしました。
私も母に言われたことがあるんです。
同じような夢を見たと。
それで変な時間に電話してきてくれて(笑)
だからもう、読んでてじーんときました。
ちょっと心がざわめきました(*´艸`*)
今は実家もなく母もいないので本当にもう帰るところが
ないんですけどね、わはは。
うちの娘はまだ嫁いでないのですが
私もきっとtammyさんと同じことしてるはず(*´∀`*)
どっちもの気持ちがわかるようになった(つもり)ので
娘さんも安心してご自分の生活を送っているでしょうし
とっても心強いと思います。
yococoroさん | 2013/10/18 13:42 | URL [編集] | page top↑
# No title

>yococoroさん

なんだか読ませてもらってじーん。
涙がじわりでした。
お母様の気持ちすごくよくわかって
心熱くなりました。

時代変わって今は
一瞬で誰に気兼ねなく娘へメールでも電話でも
かけることが出来るけれど
あの時代は
家の電話しかなかったものね
お母様のご心配
ほんと心悩まされたでしょう・・・
普段忘れてるように思っていても
心の中ではずっと娘を思っているんですよね
離れているとなおさら。
いつか
yococoroさんも・・*^^*

親になって思うこと

娘が好きな人と好きなことして
元気でいるなら
どこにいようと・・
笑って日々を過ごしていることが
親孝行してくれてます*^^*

この思い
永遠で・・
娘がいくつになろうと
きっと
お母様も
どこかで思ってくださってます!


Tammy *さん | 2013/10/19 17:46 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する