2014年 11月
10 | 2014/11 | 12

元気にしてもらう・・・




姪っ子から
「Tammyちゃぁ〜ん あんなぁ・・・」って
連絡が来たのは秋が始まる頃。

今春大学を卒業して
病院勤務している彼女は
日々大忙しなはずなのに
「ミュージカルをしようと思ってるねん・・」

はいっ??😊?

生真面目な(笑)
家系である我が実家(二世帯同居)は
少し飛ぶことにも勇気が行って
彼女はそこで少し悩んでいたようで
時々私に救いを求めてくる。

その窮屈がわかっているだけに
「なんでもし〜♡ 若いんやからなんでも挑戦したらいいねん・・」

親でもないから何でも言える(笑)
いつも彼女の背中を押してやる。
押してばかりやけど・・😊

公演が近づいてくる頃
「おじいちゃんとおばあちゃんを連れて観に来て〜♡」
と連絡が来た。

秋に手術したばかりの父と母と一緒に
朝から公演に出向いた。

彼女が優先入場を手配してくれていたので
両親もゆっくり席に着くことができた。

この場面とこの場面は 緑のドレスで出てくるからね・・
こと細かく彼女から聞いていた場面と衣装を把握して
舞台のどの辺りにいるとか
両親に教えないといけないと思って
席は二人の真ん中に陣取った。

幕が開くなり
父がスマホを構えて写真を写そうとする・・

ヾ(--;)ぉぃぉぃ・・・・

「あかん〜! 写真撮ったらあかん〜」 叫ぶところから始まった・・・・(笑)

はっきりと生き生き踊る彼女が見える

もう・・涙が出てきそうになる。

まるで幼稚園のお遊戯会で子供が踊ってる気分と一緒。
感動・・・

二人の真ん中に陣取った意味なく
父も母も
ちゃんと彼女がずっと見えている

ストーリーちゃうなぁ・・
彼女を観に来ているんやろうねぇ😊

ここにくるまでの
努力を
言葉で聞かずとも
すべてわかった・・と母は口にしていた・・


若いっていいなぁ・・
ほんといいなぁ・・・

生き生きと
のびのびと
舞台を駆け回る彼女が
きらめいていて
ココロの掃除してもらったように
こっちまで
その魔法にかけられたようになった

舞台終わってから
ロビーにて
彼女にブーケを手渡し
写真を撮って
一歩引いた

彼女のお知り合い
たくさんの人が観に来てくださっていて
次から次へと
一緒に記念撮影している。
その都度
ドレスの裾を手で広げて格好つけている(笑)

そんな姿を見ていると
ほっ。とする。

わたしより
両親の方が
孫の外の世界を垣間みて
ほっとしているだろう・・・

帰り道
父の足取り軽い・・(笑)


いつも思う。

一人では元気になれない。
自分の中から湧き出てくるものなんて
やっぱり「いつも」のものしか出てこない
そして
それは年々 減少していくように思う。

誰かが誰かを元気にする
誰かの
なにかが
私の心に入って来て
それがパワーにかわる。

だから
誰かの傍にいなくちゃいけないのだと・・

素敵な誰かの傍がいい・・😊

いいね(*^^*)



あいり・・ありがとっ💓
DSC_airi_Fotor.jpg




めざせ・・・(^^♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



16:45 | +かぞくのこと | comments (2) | edit | page top↑